九之坪十所社の行事がご覧いただけます


by kunotubojusho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

国府宮はだか祭

2月4日、国府宮神社は、1万1千人のはだか男、

22万人の参拝者で大変な賑いとなった。

d0080747_21584180.jpg
d0080747_2159019.jpg
d0080747_21593784.jpg
d0080747_2204100.jpg
d0080747_2201880.jpg
d0080747_2203320.jpg
d0080747_2205683.jpg
d0080747_2211639.jpg
d0080747_2215040.jpg






[PR]
by kunotubojusho | 2012-02-12 22:18 | 祭典

北口 山神祭

3月5日、北口で「山神祭」が行われた。

五穀を始めとする農作物の豊作、町内の平安を祈念した。

f0148647_2381971.jpg

[PR]
by kunotubojusho | 2012-02-06 23:08 | 祭典

厄年

国府宮の裸祭が近づいてきました。

 日本人は厄災や厄難を受けやすいと信じられている特定の年齢を「厄年」と呼んできました。厄年に込められた祖先の知恵について紹介します。

 厄年は、男性が二十五歳、四十二歳、六十一歳で、女性が十九歳、三十三歳、三十七歳の年回りを言います。中でも男性の四十二歳は「死に」女性の三十三歳は「散々」に通じることから「大厄」「本厄」と言われています。その前後の年が「前厄」「後厄」です。

 長い人生には体調不良や厄災が重なることがあります。私達の祖先は、それを乗り越え、神々に「生かされている」ことへの感謝の気持ちを大切にしてきました。正月から二月の節分にかけて全国の神社では厄払いのご祈祷を受ける人が多く見られます。

 また、古くから厄年の「やく」は神祭りを行う神役の「役」のことでもあると言われています。

f0148647_22122375.jpg

[PR]
by kunotubojusho | 2012-02-03 22:50 | 年中行事